スッキリ!お風呂のゴムパッキンの頑固な黒カビの落とし方をレビューで紹介

スポンサードリンク




お風呂場の黒カビって本当に嫌になりますよね。

わたしはアパート暮らしなのですが、
ユニットバスの洗面台のパッキンや
お風呂場の目地に黒カビがあって
ずっと気になっていました。

ドラッグストアにある洗剤はもちろん試しました。

カビ用のカビキラーのスプレータイプも
試したのですがびくともせず(-_-;)

そこで「無理なんだ」と思い、
数年見て見ぬふりをして放置していました。

もう何年もある頑固な黒カビだし
落とせないと思ってあきらめていたんですが、

「でもやっぱり落としたい!」

「黒カビを見て生活するのはイヤだ!!」

と思い、何としても落とすことを決めました。

(でも面倒くさがりなので、簡単な方法でね♪)

そしたら、意外なほどあっさり落とせてしまったんです。

わたしがお風呂場の黒カビを落とした方法を
ご紹介したいと思います。

お風呂の黒カビを落とした洗剤とは?

黒カビを落とす方法もさまざまです。

調べると重曹を使ったり、
お酢を使ったりといろいろあるみたいなのですが、
面倒くさがりなわたしは準備するのがとにかく面倒。

「黒カビが落ちる強力な洗剤はないのかな~??」

と探していました。

そこで見つけたのが、
ゴムパッキン用のカビキラーです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カビキラー ゴムパッキン用 100g
価格:403円(税込、送料別) (2018/4/1時点)

スポンサードリンク

わたしはカビを取ろうとしたときに、
一番最初にカビキラーを試しましたが
黒カビはまったく落ちませんでした。

だから
「カビキラーなんて効かないんだ」
と思ってたんです。

でもこれは、【ゴムパッキン用】と
書かれてるくらいなんだからとれるのかも・・・

と思って試してみることにしたんです。

このゴムパッキン用のカビキラーはジェル状なんです。

カビ用の洗剤でなぜ黒カビが落ちにくいのかというと、
泡タイプや液体ですぐに流れ落ちて
しまい、カビの上に留まっていられないのも原因なんだそう。

だから、しっかりカビの上に留まれるように
ティッシュペーパーにしみこませて
カビにのせて、さらにラップしたり
という方法が有効なのだそう。

でも、わたしはティッシュにしみ込ませて
ラップをする行為がもうめんどくさい。

その面倒くささを解決したのがジェルタイプだったんです。

ジェルがカビの部分に密着して粘着性があるので、
すぐに流れたリせずに留まってくれるんです。

このゴムパッキン用カビキラーは、
お風呂のパッキン以外にも

◆タイル目地

◆冷蔵庫のゴムパッキン

◆結露でできた窓枠のカビ

などにも使えるみたいです。

黒カビ用カビキラーを試したレビュー

まず、黒カビ用カビキラーを用意したら
換気扇をまわしたり窓を開けたり、
しっかり換気できる状態にします。

そして目に入らないようにゴーグルを着用し、
ビニール手袋をつけて作業します。

目に入ったり、皮膚についたりしないように
しっかり保護するようにしてください。

そしたらゴムパッキンの黒カビの上に
乗せて放置して流すだけ。

放置時間は15分~30分程度です。

それだけで、何年も洗面台やお風呂の目地に
居座っていた頑固な黒カビがびっくりするほど
スッキリ黒カビが落ちたんです!!

完璧に跡形もなく落ちてはいませんが、
85%くらい落ちてくれました。

うっすらグレーっぽく残ってる部分があるくらい。

それでもこれだけ落ちてくれたら、
わたしはもう充分です(^^♪

あっけなくて、

「どうして何年も黒カビを我慢してたんだろう・・・」

と思いました。

もっと早く試したらよかった!!

というかこのカビキラーのジェルは
いつの間に発売されたの??

とにかく黒カビがなくなってスッキリ爽快です♪

ドラッグストアで簡単に手に入りますし、
使い方も簡単なので試してみるといいかもしれないです^^





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。